So-net無料ブログ作成

最終仕上げ [くるま・バイク・乗り物]

以前にキャブの分解OHはしてあるので、今回はバラさずに、燃料フィルタのout側で切り離した燃料ホースからキャブクリーナーをフロート室に吹き込んで、軽くセルを回してジェット類に吸い込ませてキャブ内を簡易クリーニング。
DSC_3851.JPG
エアクリーナ側のインマニからキャブクリーナーを吹き込むと、スロットルバルブのダイヤフラム側にもクリーナーが吸い込まれてダイヤフラムのゴムを傷める恐れがありますし、クリーナーがジェット類を通らないため、フロート室に吹き込むのが正解だと思います。
仕上がったバイクで近所のダム湖と峠をひとっ走り。
DSC_3854.JPGDSC_3860.JPG
この時代のフルパワークオーターは、エンジンも良く回ってパワーもある(250ccで40ps!)し、車体は軽くて剛性感があってコンパクトだし、本当に良く走ります。
バイクの能力の6割、工場長の能力の8割で峠を楽しんできました。


2017-06-09 00:55  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]