So-net無料ブログ作成
メンテ・工具 ブログトップ
前の10件 | -

ATF交換 [メンテ・工具]

メンテ状況の判らない軽四、念のためATFを交換。
ドレンからオイルを抜き、ATのオイルパンを外してチェック。
DSC_6005.JPG
DSC_6007.JPG
抜いたATFは鮮やかな赤色で比較的フレッシュで、外したオイルパンも、鉄粉やクラッチやブレーキバンドの摩耗粉のスラッジは少なく思いの外キレイなものでした。
DSC_6006.JPG
おそらく過去にきちんと交換されていたものと思われます。
ストレーナも少しスラッジで汚れていたので、外してパーツクリーナーで逆洗して清掃。
DSC_6009.JPG
オイルパンも清掃して合わせ面のガスケットもキレイに除去しておきました。
DSC_6011.JPG
オイルパン底の鉄粉除去用の磁石も清掃して固定。
DSC_6008.JPG
この後、液体ガスケットを合わせ面に塗って取付し、純正ATF3.5Lをレベルゲージ穴からポンプで注入し、エンジン始動状態でレベルを微調整して完了です。


2017-12-12 23:23  nice!(0)  コメント(0) 

カーペット修復 [メンテ・工具]

軽四バンの前席足下のカーペット。
仕事車だったゆえ乗降回数が多かったのか、酷く擦り切れ。
DSC_5930.JPG
運転席の足下後半は擦り切れて無くなっており、原型すら分かりません。
新品に交換しようと思い剥がしたものの、ディーラで確認したら生産中止で在庫もなし。
仕方がないので、ホームセンターで住宅用のマットを購入し、形を合わせて切り出し修復します。
DSC_5933.JPG
オリジナルはフロアトンネルやタイヤハウスの凹凸に合わせた立体成型なので、平マットからの切り出しではあちこちに切り欠きを入れて形を合わせる必要がありました。
DSC_5934.JPG
最終的には数パートのマットに分割して立体を再現し、各パートを接着して一体マットにする予定です。


2017-12-03 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

ルーフ塗装(2) [メンテ・工具]

マスキングして塗装開始。
DSC_5907.JPG
DSC_5908.JPG
塗装面を脱脂剤で拭き取り、乾燥させてから下塗り。
DSC_5911.JPG
DSC_5910.JPG
プラサフのスプレー缶3本を使ってやや厚めの下地にしました。これでもう錆びまい。
次に上塗り。
DSC_5914.JPG
ダイハツ純正色の白のスプレー缶1本でここまで。
下塗りのプラサフがグレーなので、しっかり透けています。
ホワイトプラサフを使わなかったのは、この透けが消えるまで塗れば、塗膜が十分厚いことが判るため。
スプレー缶5本を使い切り、塗り上がりました。
DSC_5917.JPG
DSC_5916.JPG
ぼってりと吹いていないので艶不足ですが、車体の塗装がヤレているのでこれで良しとします。
塗装後も乾燥まで数時間は動かせず、昼前から始めて終了が深夜になってしまいましたが、ルーフ塗装完了です。


2017-11-28 21:15  nice!(0)  コメント(0) 

ルーフ塗装(1) [メンテ・工具]

先日入手した軽四バン、前オーナーは20年間1度も洗車やワックス掛けをしたことがない様子。
なので、ルーフはこんなことに。
DSC_5899.JPG
塗装が傷んで多孔質になり、そこから浸み込んだ水で塗装の下に薄錆が出ています。
180番相当のサンディングスポンジで水研ぎして、錆と傷んだ塗装を剥がします。
DSC_5904.JPG
両腕パンパンになりながらも、2時間ほどかけてこの状態に。
DSC_5906.JPG
DSC_5905.JPG


2017-11-27 23:37  nice!(0)  コメント(0) 

エアクリーナエレメント交換 [メンテ・工具]

アトレーのエアフィルタを交換。
前回交換は、H22年7月らしいので、7年間(でも2万kmちょっと)使用。
DSC_5881.JPG
シート下のエンジンルーム隅のケースを開けて
DSC_5874.JPG
取り出し。
新旧比較すると、2万km強の走行距離でもずいぶん汚れています。
DSC_5877.JPG
その上、フィルタ角のパッキンが切れており、ここからダスティな空気を吸いそう。
DSC_5879.JPG
新品をはめ込んで、位置を合わせてケースをロックして完了です。
DSC_5878.JPG


2017-11-23 22:01  nice!(0)  コメント(0) 

リフレッシュ [メンテ・工具]

京都から持ち帰った軽四のリフレッシュ作業を開始。
先ずはタバコ臭い車内を、ダッシュボードやドアトリムや天井まで、洗剤を使ってジャブジャブと水洗い。
DSC_5681.JPG
シートやカーペットやフロアマットも取り外して水洗い。
その甲斐あって、ヤニ汚れとタバコ臭さは殆ど落とせました。
キャブオーバーなので、エンジンは運転席と助手席の下。
DSC_5680.JPG
走行6万kmと年式のわりには低走行で、これまでプロの手で定期的にメンテナンスされてきた車だけに、エンジンは絶好調。一切の異音雑音がなく静々と回ります。
昨年のタイミングベルトとポンプ交換の際には純正クーラントを使うほどのこだわりで、新車から20年分の整備記録もあり、履歴の判る安心感のある車両です。
清掃とオイル交換とオイルフィルタ交換を行いましたが、さすが国産車、整備性抜群。久々に日本の設計者のホスピタリティを実感。
DSC_5684.JPG
このエンジン、ツインカム・3気筒12バルブ・マルチポートインジェクション・デスビレスのダイレクトイグニッションと、商用車には不似合いなくらいのハイスペック。
ハイスペックでないのは、このルームミラー。
DSC_5683.JPG
新規登録検査に行く途中に、固定部のプラスティック製の華奢なキャッチが経年劣化して粉砕し、ミラーがポロっと落ちて困りましたが、両面テープで貼り付けして検査をパスしました。
このミラーは、エポキシ粘土のパテでキャッチを再生して元通り取付けます。


2017-11-14 22:29  nice!(1)  コメント(0) 

車検に [メンテ・工具]

ゴルフGTIの車検です。
車検前日に洗車機に通しておきました。
DSC_5687.JPG
さんごさん、ゴーゴー唸る洗車機が怖い。
DSC_5689.JPG
受検のために魚崎へ。
DSC_5692.JPG
1994年製ですが、走行距離4万kmで状態良し。
DSC_5694.JPG
書類を揃えて車齢18年超ゆえ超割高な重量税を払って検査ラインへ。
DSC_5695.JPG
天敵のヘッドライト光軸検査も一発合格。
DSC_5696.JPG
新しい車検証が発行されました。
DSC_5697.JPG
車検に合格すると、なんだかシャキッと見えます。
DSC_5698.JPG
大型車検査ラインでは消防車も車検を受けていました。
DSC_5699.JPG
何度かサイレンが鳴り何事かと思いましたが、装備品の検査でした。


2017-11-06 23:59  nice!(0)  コメント(4) 

レーダー電池交換 [メンテ・工具]

内蔵バッテリーが枯れたレーダー。
DSC_5491.JPG
使えそうな二次電池を入手したので交換します。
DSC_5581.JPG
ケースを開けて分解。
DSC_5598.JPG
DSC_5587.JPG
内蔵のバッテリーはハンダ付けで固定されているため、吸い取り線を当ててコテで溶かして外し。
DSC_5589.JPG
DSC_5590.JPG
交換するバッテリーは、ニッケル水素の3本組。
DSC_5592.JPG
ショートさせないよう、コネクタから片方づつピンを抜いて皮むきして、電源部へハンダ付け。
DSC_5597.JPG
交換完了です。
DSC_5594.JPG
これでコードレスでの作動が復活。
3.6V 135mAのニッカドから、3.6V 200mAのニッケル水素になり、容量も約1.5倍になりました。


2017-11-01 20:33  nice!(0)  コメント(2) 

レーダー分解 [メンテ・工具]

車載のソーラー式レーダー探知機のバッテリーが干上がり機能しなくなったため、分解して内蔵電池をチェック。
DSC_5489.JPG
この小型ソーラーパネルで補充電されるのですが、屋根下駐車だと機能せず。
DSC_5492.JPG
小型の2次電池が直列3本ゆえ3.6V駆動か。
DSC_5491.JPG
交換したいけど、どこで手に入るんだろうか・・・


2017-10-20 00:08  nice!(0)  コメント(0) 

エアバック警告灯 点灯修理(2) [メンテ・工具]

VWディーラで故障診断をかけてもらったところ、助手席エアバッグの抵抗大が記録されていました。
よくある、コネクタピンの接触不良か。
助手席エアバッグユニットを
DSC_5467.JPG
取り外し
DSC_5468.JPG
ユニット裏のコネクタのピンに導電性グリスを塗って挿し直し。
DSC_5469.JPG
警告灯は消えました。
DSC_5419.JPG
修理時間5分。
最初に診断してもらってから取り掛かるんだった・・・


2017-10-13 21:38  nice!(0)  コメント(0) 

前の10件 | - メンテ・工具 ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]