So-net無料ブログ作成
検索選択

草むれていました [小ネタ]

社での20周年会からの帰り道、もう何10年も放置の別荘の様子を見に加東市へ。
DSC_4201.JPG
奥の高足ログハウスはお隣り。うちは手前の藪。
どなたか使える方、ご活用下さい。
別荘地の中に空冷専門のショップ(?)があります。
DSC_4204.JPG
以前はポルシェ930も置いていましたが、今はジャンクヤードに数台とガレージ内に製作中のビートルが2台。
DSC_4197.JPG
真ん中を抜いて切り詰めたリアルチョロQのどんがら。
DSC_4207.JPG
他に専用シャーシのバギーのジャンクもありました。
DSC_4205.JPG
VW412=タイプ4です。実写を初めて見るかも。
DSC_4206.JPG
草むれてもうこのまま土に返る風情。
勿体ないなぁ。これ仕上げて乗ってみたい。



20周年 [小ネタ]

VW仲間で集まり始めてからはや20年。
7月初旬に20周年イベントをやりましょうと、先ずはお昼に加西市の穴場へ。
DSC_4163.JPG
DSC_4161.JPG
知らないと飛び込みではまず入らないお店です。
DSC_4168.JPG
焼肉旨し。タンは超厚切り、ホルモン(工場長は数日後の内視鏡のために食べられず)はぷりっぷりでした。
DSC_4171.JPG
シメのホルモンうどん、激うまでした。
DSC_4173.JPG
その後、おっさん5人で姫路セントラルパークへ。
DSC_4177.JPG
20170709 関西ML 20周年_170717_0024.jpg
20170709 関西ML 20周年_170717_0019.jpg
20170709 関西ML 20周年_170717_0015.jpg
姫センでゴンドラマニアに間違われたりしつつホワイトタイガーに老後の健康を祈念後、宿のボート会館へ向かい後発組と合流。
晩ご飯を頂いてから、ゆっくり部屋飲みです。
DSC_4183.JPG
20170709 関西ML 20周年_170717_0006.jpg
2017070920E996A2E8A5BFML2020E591A8E5B9B4_170717_0070.jpg
20170709 関西ML 20周年_170717_0064.jpg
20年、あっという間。歳とるはずです。
お世話になった皆様、有難うございました。これからも宜しくお願いします。



長崎から [小ネタ]

翌朝、しっかりした朝食を頂いて、宿を後に。
20170721_070530345.jpg
g_01.jpg
係りのお嬢さんが、通りにまで出て姿が見えなくなるまで手を振って見送ってくれました。
早朝の長崎駅前のバスセンターから出発。
DSC_4269.JPG
DSC_4270.JPG
DSC_4272.JPG
長崎空港からはE190で
DSC_4274.JPG
伊丹空港へ戻り。
DSC_4275.JPG
普段はQ400が多いのですが、今回は往復ともジェットでした。
DSC_4281.JPG



長崎へ [小ネタ]

猛暑の伊丹空港から
DSC_4261.JPG
B737-800で
DSC_4262.JPG
長崎空港へ
20170720_110354383.jpg
リムジンバスで市内へ移動し、ひと仕事。
用務後、おっさんだらけの懇親会。
DSC_4263.JPG
バスセンターの山側の階段を上がって、今夜の宿、異邦館ホテルへ。
DSC_4264.JPG82110621000149324.jpg
元ビジネスホテルの部屋を2コ1で広い和室に改装した変わった部屋で、一部屋にユニットバスが2つも。裏手が大きなお寺で、窓を開けるとお墓ビューイングなホテルでした。



たまには [小ネタ]

昼から梅田へ出張して打ち合わせ。
DSC_4220.JPG
用務が早く終わり陽のあるうちに帰れたので、さんごさんと夕方の公園へ。
DSC_4210.JPG
DSC_4216.JPG
たまにはこんな平日があっても良いもんです。



受けてきました [小ネタ]

大腸がん検診。
朝からシャーシャーの刑です。
DSC_4208.JPG
腸管洗浄剤、塩味のきついまったりしたポカリって感じでとても飲みにくい。
約2時間かけて2L飲み切りました。もうほぼ拷問。
DSC_4209.JPG
お腹を空っぽにして昼から低侵襲がん医療センターへ。
DSC_3942.JPG
静かできれいな病院です。
20170711_155707994.jpg
20170711_154419922.jpg
内視鏡検査を受けました。
20170711_155722346.jpg
結果、病変なくドクター曰く「教科書に載せたいくらいきれい」だそう。
今回も問題なしでした。



孤独のグルメ(最終日) [小ネタ]

最終日の朝は帰神するのみなので、初めて宿で朝御飯を頂くことが出来ました。
DSC_4146.JPG
唐津の七色の朝御飯。
席で湯煎で作る豆腐が、豆の香りが立った濃くて甘みのある美味しい豆腐でした。
DSC_4147.JPG
食事後、名残惜しいけど出発。4泊お世話になりました。
DSC_4040.JPG
博多駅から
DSC_4151.JPG
DSC_4155.JPG
さくらで新神戸駅に。
DSC_4158.JPG
1週間、長かった・・・よく食べた。



孤独のグルメ(4泊目) [小ネタ]

九州北部は台風3号の通過で大雨。市内の川もこんな濁流になっていました。
DSC_4134.JPG
ひと仕事終えて宿に戻り。
DSC_4135.JPG
今夜もひとり御一行様。
DSC_4142.JPG
DSC_4143.JPG
今夜は呼子のイカを頂きに行きました。
DSC_4136.JPG
生簀のイカと目が合いました。
DSC_4137.JPG
有難く頂きました。評判通り美味しかった。
DSC_4141.JPG
ご馳走さまでした。



孤独のグルメ(3泊目) [小ネタ]

3日目の用務をバタバタと済ませて、夕食に。
今夜はここへ。
DSC_4098.JPG
DSC_4088.JPG
ちょっと狙い過ぎたかも。
おばあちゃん1人で切り盛りされていました。
かつては活躍していたのであろう氷掻き機、シートをかけられ店の奥に放置。
DSC_4097.JPG
使い込まれたテーブル。ニスが剥げていますが不潔ではなくよく磨かれていました。
DSC_4093.JPG
幅90cmの座敷席。
DSC_4094.JPG
なぜか宇崎竜童。他にはなくこれ1枚だけ。
DSC_4090.JPG
神社行きの電車だけを抜粋した手書きの時刻表がなんか優しい。
DSC_4092.JPG
メニューの類はこの壁の手書きの貼紙のみ。達筆です。
DSC_4091.JPG
ちゃんぽんを頂きました。
DSC_4095.JPG
トッピングの肉は肉うどんと共用と思われる甘めのしょうゆ味で、スープもうどんつゆととんこつをmixした感じの甘め仕立て。
おばあちゃんの家で食べるごはんのようで懐かしい感じでした。美味しかった。
食後の町ぶらの道すがら、市内の川にかかるめがね橋。いい感じの眺めです。
DSC_4108.JPG
その橋の近くの角には、良い感じの古い建物のバイク屋が。
DSC_4112.JPG
唐津街道沿いには古い洋館も。
DSC_4115.JPG
旧・唐津銀行唐津支店らしいです。
DSC_4119.JPG
その近くにはこんな店が。
DSC_4113.JPG
えさは食べたくないなぁ・・・
永ちゃん食堂なる店を発見。
DSC_4116.JPG
飲み屋街の中の数少ない食堂。覗いてみました。
DSC_4118.JPG
ちゃんぽんだけでは不完全燃焼だったので、天津飯を頂きました。
eichan.jpg
あっさり目で塩味のあんで食べる天津飯は、飲んだ後にはちょうど良いのかも。
食事後、宿へ戻って3泊目。
DSC_4121.JPG
今夜も御一行様で迎えられました。
DSC_4122.JPGDSC_4123.JPG
露天風呂で寛ぎました。
DSC_4125.JPG



孤独のグルメ(2泊目) [小ネタ]

今夜も良い感じのお店を発見。
DSC_4060.JPG
ご年配のご夫婦で切り盛りされていて、料理はご主人が1人で担当。
DSC_4062.JPG
天井の扇風機も懐かしい感じ。
DSC_4066.JPG
懐かしい「National」マークでした。
テーブルソルトの容器が、「いの一番」の瓶にマジックペンで「塩」! まるでばあちゃん家。
20170704_195614736.jpg
ご主人に作れないものは無いんじゃなかろうかという数のお品書き。
DSC_4063.JPG
魚のフライ定食を頂きました。
DSC_4064.JPG
鱚のフライ、外はサクサクで中はふわふわ、美味しかった。
あまりに美味しいので、追加でかしわの天ぷらを注文。
DSC_4065.JPG
とり天のみ出てくるのかと思いきや、野菜天も盛り合わせで結構なボリューム。
かしわはモモやムネではなく、ササミでした。これも丁寧に下処理されて揚がっても柔らかい仕上がり。ゴボウのかき揚げも甘くていい香り。
美味しかった、堪能しました。
宿への道すがら、川にかかるめがね橋がいい感じの夜景でした。
DSC_4069.JPG
宿に戻り。
DSC_4070.JPG
今夜も御一行様で迎えてくれました。
DSC_4075.JPG
DSC_4078.JPG
DSC_4079.JPG
DSC_4081.JPG



メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]