So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

チャージコントローラ取付 [メンテ・工具]

ソーラーパネルで発電した電気の電圧・電流を調整してバッテリーに蓄えたり、バッテリーから使用する量の制限を行うコントローラを取付。
P_20190812_185044.jpg
左側キャンパーラック2段目の奥に取付。
サブバッテリー不使用で降ろす際のことを考えて、ソーラーからの電源供給を切れるよう、ケーブルはコネクタ取り合いに加工。
P_20190812_182650.jpg
P_20190812_183921.jpg
コネクタのオス/メスで3.5sq→2sqにサイズダウンしてチャージコントローラへの入力線にしました。
P_20190812_184054.jpg
ソーラーパネルからの入力、バッテリー取り合い、負荷(リアのアクセサリーソケットへ)出力の配線を端子台へ接続して設置完了。
P_20190812_185946.jpg
右側キャンパーラックにも同様に取付。
P_20190812_192539.jpg
電源は左側のチャージコントローラの入力端子から2本噛ましでパラ取りして並列接続に。
ソーラーパネルの発電電流定格が7Aなので、片方で3.5A。
左右独立で積む小型サブバッテリー1個の容量が38Aなので、約1/10の理想的な充電電流となる計算です。
このチャージコントローラは単純なスイッチング回路を1個持ったDC/DCコンバータのPWM方式。
昇圧無しの電圧制御のみなので低照度の際は充電電圧に達さず充電出来ませんが、パートタイム接続の走行充電器も装備( https://hi-sun-kobe.blog.so-net.ne.jp/2019-07-24
)しているので、放浪先で雨天続きでも充電に困ることは無いでしょう。


2019-08-12 21:44  nice!(1)  コメント(0) 

ソーラーパネル設置 [メンテ・工具]

車室側へのケーブル引き込みが完了した( https://hi-sun-kobe.blog.so-net.ne.jp/2019-08-08 )ので、パネル本体を屋根に取り付け。
P_20190810_131156.jpg
パネル長と面一に前後幅を調整したキャリアベースの下に潜り込ませて自作金具で固定しました。
横には下から走行風が潜り込んでパネルをたわませないよう、ソーラーパネルのフレーム下部と車両の屋根パネルの間に防風板(ホームセンターで見つけた25mm幅L字型の内装材)を事前に取付ておきました。
P_20190810_175142.jpg
防風板の中央付近内側には、パネルのバタつき防止のために、発泡スチロールの角材を貼り付けて、ソーラーパネルの重量を車の屋根でも支える構造としました。
P_20190810_175151.jpg
配線を見えないように隠して、設置完了です。
P_20190810_175131.jpg
容量は大きくないものの、自立電源の装備は何かと心強い。
気温の高い昼間の晴天下でDC22V程度、夕方の西日の晴天下でDC20Vは出ているので、サブバッテリーの充電には十分です。
今回の設置作業はA本さんにお手伝い頂きました。
出来る人はやはり段取りと作業中の気配り目配りが違います。
お陰でサクサクと取付完了しました。
有難うございました。m(_ _)m


2019-08-10 23:54  nice!(0)  コメント(0) 

1か月経ちました [いぬ]

さんごさん逝去からはや1か月。
P_20190809_224654.jpg
今でもつい、さんごさんの好物を一口残したり、椅子を引くときに足元を見回したり、2階へ上がる際に階段下でさんごさんを抱っこする方向に向き直ったり、さんごさんと暮らして染みついたルーチンが抜けません。いや、敢えて抜きたくないのかも。
まだいるような気がして、さんごさんの好きだったオヤツも処分出来ずそのままに。
P_20190809_224740.jpg
中でもこれが好きだったなぁ。
P_20190809_224758.jpg
食欲が落ちてからもこれだけは食べてくれたので、週に何度か仕事帰りに買い求めに走ったものでした。
さんごさんが寝ていたベッド、未だ気配がします。
P_20190809_224716.jpg
P_20190809_231333.jpg
P_20190809_231348.jpg
さんごさん、もう一度会いたいなぁ・・・
20180704-03.JPG


2019-08-09 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

ソーラーパネル取付準備 [メンテ・工具]

軽四キャンパーのサブ電源チャージ用にソーラーパネルを設置する準備を。
先ずはソーラーからの電源ケーブルを屋根から車室内に引き込む方法を検討。
P_20190804_171500.jpg
リアハッチ上部のグロメットが嵌った不使用の穴から引き込めそうです。
P_20190804_171440.jpg
天井の内張をはぐると、車室側にも引き込めそうな穴がありました。
P_20190804_171509.jpg
グロメットにケーブルを通して、内側にシリコンコーキングを打っておきました。
P_20190804_174659.jpg
車体に取り付け
P_20190804_181105.jpg
外側もコーキングで隙間を埋めて防水しておきました。
P_20190804_183317.jpg
車室側は天井の内張内を通して、キャンパーラック後ろの隙間から引き出しました。
P_20190804_182023.jpg
大加工無しにケーブルが引き込めて良かった。


2019-08-08 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

丹波へ [小ネタ]

久しぶりに996を走らせに丹波のLOCSSE TAMBAへ。
P_20190801_143008.jpg
ロハス系のカフェやパン屋の集合体という感じ。
ベーコンめしを頂いてきました。
FB_IMG_1564891925359.jpg
カフェのテーブルスペースになっている元牛舎と思わしきスレートの建屋の奥には、縦目の230SLが。
P_20190801_115418.jpg
P_20190801_115520.jpg
帰りに、すぐ近くのひまわり畑を覗いてきました。
P_20190801_143310.jpg
P_20190801_143219.jpg
夏を満喫。
でも996にはこの猛暑はやや過酷。帰路、下道で渋滞に巻かれた際には水温がかなり高めを指していました。


2019-08-01 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

高知へ(4) [小ネタ]

最終日、高知市内の上町1丁目へ。
路面電車駅の自虐看板。
P_20190731_123425.jpg
確かに、竜馬生誕の地なのに歩道沿いの小さい石碑だけ?!という現実に鍛えられたら、はりまや橋でショックは受けないか。
P_20190731_135545.jpg
(↑これは道の駅にあるレプリカですが、実物も歩道沿いのこんな欄干だけ)
上町1丁目の電車通り沿いにある、学生時代に仲良くしていた友人のお母様がやっておられる広島焼屋「八丁堀」。
P_20190731_123822.jpg
20190731_125016169.jpg
当時とは場所も店名も変わりましたが、お母様もお元気でお昼は店に出られていて、25年ぶりにお会いすることが出来ました。
広島スペシャルも当時と変わらない味でした。
20190731_125155821.jpg
懐かしい味、堪能しました。
さて神戸へ戻り。
学生時代を過ごした借家をチラ見して、
P_20190731_111753.jpg
道の駅南国風良里に寄って最近の高知土産ランキングをチェックして、
P_20190731_134746.jpg
高知道を抜けて徳島道に入り、吉野川PAまで一気走り。
P_20190731_153139.jpg
小休止後、更に東進して小鳴門橋を横目に見ながら通過して
P_20190731_171034.jpg
大鳴門橋を渦潮をチェックしながら渡って淡路島を北進し、
P_20190731_171626.jpg
海の上の夕日を眺めながら夕暮れの明石海峡大橋を渡って神戸へ帰ってきました。
P_20190731_182126.jpg
P_20190731_182312.jpg
自分土産は高知定番のぼうしパン。
P_20190801_092903.jpg
今回はヤマテパンのシベリアやナポリチーズは残念ながら買えずでした。


2019-07-31 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

高知へ(3) [小ネタ]

3日目、叔父に船を出してもらい外海へ。
P_20190730_103459.jpg
P_20190730_104203.jpg
P_20190730_105618.jpg
超元気な高2女子の従姪のお伴です。
無題.jpg
175馬力のプレジャーボートでゴムボートを引っ張るという贅沢なお遊び。
1564662674017.jpg
海坊主出現。
1564662057168.jpg
久しぶりの海遊び、楽しみました。


2019-07-30 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

高知へ(2) [小ネタ]

旅程中の夜は車中泊のつもりが、叔父と叔母のご厚意に甘えて御宅ですっかりお世話になってしまいました。
P_20190729_180023.jpg
以前に自作プールで雑誌にも掲載されたDIYのプロの叔父、
https://hi-sun-kobe.blog.so-net.ne.jp/2014-08-04
https://hi-sun-kobe.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20
自宅裏の畑に、立派なビニールハウスも1人で建設。
P_20190731_091330.jpg
たわわに実った葡萄や
P_20190731_091339.jpg
立派なカボチャ
P_20190731_091325.jpg
トマト、キュウリ、ナス、ゴーヤ、オクラ、ピーマン、シシトウ、その他色々、朝早くから手入れと収穫に励んでおられました。(起きられず手伝わなくてすみません・・・)
日が昇るといきなりの猛暑。
P_20190729_110725.jpg
すっかり日が高くなって太陽照り付ける中、久しぶりの墓参を済ませてきました。
P_20190731_110128.jpg


2019-07-29 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

高知へ(1) [小ネタ]

急ごしらえのサブ電源を積み込んだ軽四キャンパーで、明石海峡大橋を渡って
P_20190728_122744.jpg
淡路SAへ。
P_20190728_124609.jpg
JOTAグリーンのウラカンほか、ランボ軍団が走りに来ていました。
P_20190728_124741.jpg
速いランボとは別世界の重たい軽四で、4500rpm・70km/hキープで一路南へ。
大鳴門橋を渡って
P_20190728_142710.jpg
昨年の大雨で流れた橋梁の復旧工事が終わって対面通行が解消した高知道を抜けて
P_20190728_170051.jpg
南国ICに到着。
P_20190728_170555.jpg
夜は吉川町の花火を観ることが出来ました。
P_20190728_213507.jpg


2019-07-28 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

サブ電源の準備 [メンテ・工具]

自作軽四キャンパーの先人で電子工作のプロの方から、FETスイッチを領布頂きました。
P_20190720_231030.jpg
これ、単なる半導体スイッチではなく、IN側供給電圧>OUT側負荷電圧の時だけONする優れものかつACC連動も可能なもの。
サブバッテリーの走行充電回路に流用すべく早速取付準備。
平時は軽量化のためにサブバッテリーや充電回路を降ろせるよう、車両後部に増設したアクセサリーソケットからの給電にするため、部品取りしたシガライターソケットに1.25sqのケーブルを取り付け。
P_20190720_195335.jpg
端末に端子をハンダ付けしてケーブルは準備完了。
P_20190720_223423.jpg
ケースは¥100均で見つけた小物入れを加工。放熱を意識してスチール製を選択しました。
P_20190720_231059.jpg
FETの放熱板がケースに密着するようにネジ留めで取付。
P_20190720_234032.jpg
端子台に配線を取り付けて準備完了です。
P_20190721_000642.jpg
サブバッテリーは38Aのディープサイクルを2個準備。
P_20190721_111426.jpg
1個はこれを使った走行充電、もう1個はソーラー充電にする構想です。


2019-07-24 23:27  nice!(1)  コメント(0) 

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]