So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

エンジン不始動修理(7) [メンテ・工具]

抜けたヘッドガスケットが原因で燃焼室に冷却水が混入していた通勤快速のエンジン。
ヘッドガスケットを交換したのに、また燃焼室に冷却水が回っていた件。原因判明しました。
間違い探しです。
こちら誤
DSC_2228.JPG
こちら正
DSC_0290.JPG
キャブのアイシング防止用温水回路のリターン側、ラジエタートップへのクーラントの戻り配管をキャブのリターン出口ではなく、誤ってインテークマニホールドのエアバルブ用の負圧取り出し口に挿していました。
ゆえにラジエタートップから逆流したクーラントをインテークから吸っていたのでした。そりゃ燃焼室がクーラントでドボドボになるはずだ。
ホースの行き先を追って再度チェックしていて気付く。組み戻し時のチェック不足でした。反省。
修理完了し外装も組み終えて、また通勤快速運行!


2019-06-24 21:59  nice!(1)  コメント(0) 

今夜も [いぬ]

さんごさんと夜散歩。
DSC_0237.JPG
今夜はちょっとしんどいのでお決まりのルートの7割抱っこで散歩ですが、他のワンコのお手紙確認はさんごさんが自分で歩いて回っています。
DSC_0233.JPG
電柱に寄りかかって休憩。
DSC_0242.JPG
さんごさん、ノンビリ行こう。
帰ってきてキッチンでうたた寝。


さんごさん、夢の中で走ってます。


2019-06-23 21:16  nice!(0)  コメント(0) 

さんごさん、診察に [いぬ]

休日の朝、ゆっくり朝寝して
DSC_0250.JPG
支度してから車で動物病院へ。
DSC_0256.JPG
さんごさん、数日前から胸腔の腫瘍に押されて気管が押しつぶされ虚脱を起こし、喉にものが痞えたような咳が頻発して苦しそう。
レントゲンの診断では、また胸腔が真っ白に写り、胸水貯留が認められました。
DSC_0262.JPG
1か月前は前縦郭に大きな腫瘍があるものの、肺もクリアで気管も太く、まだ問題は出ていなかったのに・・・
DSC_0263.JPG
今回も胸水を抜いてもらいました。
DSC_0265.JPG
500ccほども抜けました。さんごさん、しんどかったはずだ。
処置してもらって、少し楽になった様子。
DSC_0270.JPG
帰ってきてオヤツを食べて水を飲んで、庭を散歩。
DSC_0275.JPG
呼吸が楽になって、シッポ振ってご機嫌です。


2019-06-22 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

子どもにはもったいない [くるま・バイク・乗り物]

コ〇トコで販売の子ども用足漕ぎカートと電動スクーター。
1556287278976.jpg
1556287281464.jpg
ベスパもどきの電動バイクなんか、ものすごく良く出来ています。
なのに、お値段は足漕ぎカートよりお安い。
1556287289879.jpg
1556287283964.jpg
足漕ぎカートは、昔のペダルカーとは一線を画すデザイン。しかもネームが、一部マニアにはたまらんシロッコです。
サイズアップしてフレームとブレーキを強化して変速ギアも入れて、大人用モデルなんか企画してくれないだろうか。
高齢者の暴走事故のニュースを連日のように目にしますが、対象者はもう足漕ぎカート専用免許で。自力で漕げなくなったら免許返納で。


2019-06-20 22:13  nice!(1)  コメント(0) 

平日ですが [いぬ]

さんごさん、病院へ。
DSC_0219.JPG
先週末に穿刺で胸水を抜いたのですが、穿刺痕からその後も皮下に漏れ出しているようで、胸からお腹の辺りの皮下と左前脚がたっぷんたっぷんに。
エコーで確認したところ、皮下組織に入り込んで吸収されており、抜くのは断念。
痛みや不快感はなさそうなので、吸収されて代謝で排出されるまで日にち薬です。


2019-06-19 22:56  nice!(1)  コメント(0) 

柵の支柱折れ修理 [メンテ・工具]

ガレージの外構にささっている鉄製の柵の支柱が、錆で溶けて折れていました。
DSC_1778.JPGDSC_1779.JPG
錆びチェンジャーを塗って進行を止めておきました。
さて、支柱の再生。
支柱の角パイプの内寸27mmなので、これにピッタリ嵌るパイプをホームセンターで探したところ、Φ28mmのイレクターパイプが使えそう。
DSC_1780.JPG
外皮の樹脂部を90°で4辺面取りして対角27mmに調整。
これを外構側に埋まって残っている角パイプに打ち込み。
DSC_1781.JPG
上から、残った支柱をエポキシ樹脂を塗布して差し込み。
DSC_1782.JPG
数cmは溶けて無くなっているので、高さを調整して固定。
DSC_1783.JPG
柵を固定して修理完了です。
DSC_1785.JPGDSC_1784.JPG
この柵の修理のもう一つの目的は、ここへ雨避けを取り付けてガレージぐるりを囲うことでした。
DSC_1821.JPG
昨秋の台風20号、21号で吹き飛ばされてから、風で千切れてめくれた屋根板の張替えや穴の開いた雨樋のFRP補修や錆びて腐ったチャンネル材の修復など( https://hi-sun-kobe.blog.so-net.ne.jp/search/?keyword=%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E4%BF%AE%E7%90%86 )を経て、やっと修復完了。
こういうガヤ仕事、プロは引き受けてくれないんですよねぇ・・・


2019-06-18 22:20  nice!(0)  コメント(0) 

ノンビリです [いぬ]

休みの日のさんごさん。
朝寝でスロースタート。
DSC_0166.JPG
起きて水飲んで朝ゴハン食べて、庭散歩。
20190616-12.JPG
シッポ振って超ゴキゲンです。


お昼は暑いので冷えた床でごろ寝。
DSC_0173.JPG
涼しい夜散歩から戻って、夜食に砂肝を100gほど食べて満足気。
DSC_0187.JPG
歯磨きもしたし、さて寝ますか。


2019-06-17 22:37  nice!(0)  コメント(0) 

エンジン不始動修理(6) [メンテ・工具]

シリンダーとヘッドの組み立てが終わったエンジンに、キャブを取付。
DSC_0182.JPG
インテークマニホールドの合わせ面は面タッチするように磨いておきました。
DSC_0183.JPG
キャブやクーラントのサーモスタットを取付て、オイル交換もしてエンジンは完成。
DSC_0184.JPG
前カバーを外してラジエターにアクセスして
DSC_0185.JPG
ラジエターキャップからクーラントを充填。
DSC_0186.JPG
この後、エンジンは問題なく始動したものの、燃焼室への冷却水回りは解消しておらず、エキゾーストからクーラントが出てきました。
結構な量なのでどこかから流れ込んでいれば判りそうなものですが、全く見当たらず。
クランクケース内に水の混入はないので、ヘッドかインテーク側の問題であることは間違いなし。
また1から調べ直さねば。


2019-06-16 22:31  nice!(0)  コメント(0) 

さんごさん、治療17回目 [いぬ]

今週末も動物病院へ。
DSC_0151.JPG
血液検査とエコーとレントゲンと抗がん剤注射のフルメニューで、さんごさん憂鬱。
DSC_0153.JPG
レントゲンの結果、前回のロムスチンへの応答は悪く、前縦郭の腫瘍はかなり大きくなっていました。
DSC_0154.JPG
DSC_0155.JPG
5/25の状態はこれでした
20190525-09.JPG
胸腔の白い影を確かめるため、エコーで心臓周辺を確認。
DSC_0165.JPG
心臓の上部には心筋の肥大、画面右端の黒い部分には胸水が認められました。
血液検査の結果は白血球数は1700→8700、ALPは1600→900に戻っているため、今回は抗がん剤のニムスチン25mgを注射投与。 息苦しさを緩和するために、穿刺して胸水も130ccほど抜きました。
さんごさん、良く頑張りました。
DSC_0158.JPG
帰ってきて、キッチンの床でぐっすりです。
DSC_0164.JPG


2019-06-15 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

ガレージ修理その後 [メンテ・工具]

台風で吹き飛んだ屋根を張り替え、錆で腐った雨樋やG型チャンネル鋼の修理もしたガレージ。
屋根は仕上がったものの、強風で割れて無くなった周囲の雨避けがそのままだったので張り付け。
DSC_9053.JPG
余った波板を形状を合わせて切り出して固定するだけ。
さんごさん、最初は部屋から覗いていましたが、出てきて工場長の後ろで監督してくれていました。
DSC_9052.JPG
DSC_9054.JPG


2019-06-14 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]