So-net無料ブログ作成
カート・レース ブログトップ
前の10件 | -

カートづくし(2) [カート・レース]

神戸スポーツサーキットへ
DSC_8816-2.jpg
レンタルカートに乗りに
DSC_8807-2.jpg
公道カートで。
DSC_8808-2.jpg
会社行事でコースを貸し切り、初めてカートに乗る方も参加しての1時間の耐久レースでした。
練習走行時、工場長のナンバー付き・2st・MTカートもコースインしましたが、終わっているタイヤと公道用の狭トレッドセッティングでは、超アンダーステアで曲がらないこと。
直線番長でした。


2018-10-20 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

カートづくし [カート・レース]

宝塚カートフィールドへ、
DSC_8769.JPG
レンタルカートに乗りに、
DSC_8771.JPG
レンタルカートよりずっと速い2st・MTの公道カートで行って来ました。
DSC_8764.JPG
レンタルカートに乗ることよりも、ここまで公道カートで行くことが目的になるという、手段と目的の逆転現象。
DSC_8763.JPG
有馬街道で神戸から有馬温泉経由蓬莱峡を抜けるコースを往復。
途中、少しだけワインディングを楽しめましたが、やはり公道は舗装が荒れていてギャップが酷くてダメです。


2018-10-15 22:23  nice!(0)  コメント(0) 

栄光のルマン [カート・レース]

この週末はルマン24時間レースでした。
24時間の戦い、疲れました。
DSC_7795.JPG
観るのが。
一昨年は最終ラップでトップのトヨタがストップし、昨年は最終ラップまでGTEクラスのアストンマーチンとコルベットのまさに死闘と呼ぶべきバトルが見られましたが、今年は淡々とつつがなく終わった感じ。
LMP1クラスのポルシェやアウディのワークス撤退でトヨタ楽勝の退屈なレースではつまらないと思っていたのですが、レースより、解説のMrル・マンこと寺田陽次郎氏のセクハラギリギリ発言の連発に、このまま喋らせといて大丈夫なんか?!とドキドキしました。


2018-06-17 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

エアレース千葉大会 [カート・レース]

昨年、一昨年と母国・千葉のレースで優勝の室屋選手。
505_o.jpg
3連覇の期待とプレッシャーがかかる中、スーパーラップを出した先攻・マットホール選手との勝負に出た結果、垂直旋回が僅かにハードになり過ぎオーバーGで失格に。
残念ですが、勝負に出なければあのスーパーラップには勝てなかったでしょうから仕方なし。
現在ランキング3位、今後のレースでの巻き返しに期待です。


2018-05-27 23:59  nice!(0)  コメント(0) 

ドリームです [カート・レース]

姫路・夢前町のドリームサーキットへ遊びに行ってきました。
DSC_6033.JPG
手作り感満点のサーキットです。
レンタル車両は、レーシングカートのフレームにスバルのカート用4サイクルエンジンを積んだもの。
DSC_6048.JPG
パンチはありませんが、フレームが軽量なのでコントローラブルです。
でもフロントタイヤが終わっていました。
DSC_6049.JPG
左フロントのインサイドが擦り減ってボロボロ。
それでも初走行の6周目からはコンスタントに32秒台、12週目には31秒台にのり、次はもう1段速いカートに乗れるライセンスをもらいました。


2017-12-23 22:50  nice!(0)  コメント(0) 

1年ぶりに [カート・レース]

1年ぶりにスポーツカートに乗りにカート場へ。
DSC_5459.JPG
モータウン土山、7月にリニューアルしてコースレイアウトが変わり、車両も入れ替え。
SodiのRT8
DSC_5457.JPG
エンジンはホンダGX270で、他所のGX160やスバルKX21よりパワフル。
初コース初車両でしたがすぐに30秒台が出てA級ライセンスをもらいました。
まずまずのタイムで午前中は当日の1番時計でしたが、その後、速い常連さんたちが続々とタイム更新。
上には上がいるもんだ。


2017-10-15 21:47  nice!(0)  コメント(0) 

祝、2連覇! [カート・レース]

エアレース2017千葉、今年も開催。
今年はゼロ戦やDC3の展示飛行もあったのだとか。
zoro-1.jpg
そしてレースの方は、水冷VW仲間の弟さんの室屋さんが優勝。ホームカントリーで2連覇の偉業です。
l_kikka_170604muro003.jpg
l_kikka_170604muro023.jpg
1回目のバーティカルターンの後がものすごく難易度が高そうなコースで、ここ一発を狙ってミスでタイムを失う上位選手が続出する中、堅実に飛んだのが功を奏した形です。
l_kikka_170604muro004.jpg
l_kikka_170604muro026.jpg
今年は年間チャンピオンの可能性も大いに出てきました。
残り5レース、目が離せません。



初めてのコース [カート・レース]

協力会社のイベントにお招き頂き、朝イチで舞洲へ。
DSC_1124.JPG
20年ほど前、VW仲間とピクニックした芝生広場だった所は、立派なロッジやレストランが建ち、立派な庭が整備されていました。
DSC_1123 (2).jpg
目的地のインフィニティサーキットへ。
DSC_1116-1.jpg
こちらは初めて伺いましたが、タイヤや舗装のせいもあって、ちょっと頑張ると簡単にスピンするし、飛び出すとケガしそうだし、慎重過ぎるとパワーがないのでタイムは出ないしで、あらゆる意味で難しいコースでした。
午前貸し切りで、たっぷり50周以上は走りました。もう腕がパンパン。
スプリントレースではちょっと熱くなってしまい、fastestタイムを意識した結果、5番手スタート→2位フィニッシュでこれを頂きました。
DSC_1126.JPG
元カート乗りがこういう所で本気を出すことを、大人げがないと言います。



カートに乗りにカートで [カート・レース]

自宅からほど近いカートコースで会社の余暇イベント。
半日貸し切りでレンタルカートを使った草レースです。
1478164106057.jpg
DSC_0079.JPG
1478164138167.jpg
1478164114418.jpg
工場長は、サーキットまで公道カートで出かけました。
DSC_0077.JPG
後ろから見るとこんな眺めなのですね。
1478164050919.jpg
1478164047665.jpg
1478164043146.jpg
到着時にはカートはもうお腹いっぱいで、レースではタイムよりもドリフト遊びに興じました。
いい天気に恵まれ、よく遊んでたっぷり楽しみました。



残念賞 [カート・レース]

今年のルマン24時間。
DSC_9020.JPG
かつての王者、アウディは安定しているものの1度もトップには立てず。
DSC_9021.JPG
ポルシェ919ハイブリッド2号車は、時々トップに食い込む速さを見せるものの、終盤はトップのトヨタ5号車に及ばず。
DSC_9049.JPG
23時間54分の時点で1分ほどのリードを保って1位独走のトヨタTS-050ハイブリッド5号車。1991年のマツダ787B以来の日本チームの優勝を皆が確信。
DSC_9038.JPG
なのに、なんと残り5分の時点でパワーを失い、ホームストレート上でストップ。
DSC_9045.JPG
その後、何とか動き出しのろのろ走行で1周をこなし、何とかチェッカーを受けたものの、最終周規定に合わず未完走扱いに。
最終的には、後ろを走っていた満身創痍の6号車がトヨタ5度目の2位。
最高に盛り上がり、浮かれてお祭りムードだったアナウンサーや解説者のテンションも、一気に下がってゴール直前にはお通夜のように。
ゴール後、今年のルマンは誰も喜べないなんて言っていましたが、気持ちは分かるけどそりゃ24時間戦ったチームに対して失礼ってもんです。



前の10件 | - カート・レース ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]